知覚過敏が気になる

新宿の痛くない(無痛歯科)歯医者、新宿イーストデンタルオフィスです。虫歯治療、口臭治療からマウスピース矯正まで行っています。

治療:午前10:00〜13:00 / 午後14:00〜19:00 休診日:水曜・日曜・祝日

知覚過敏が気になる


冷たいものを飲んだ時に歯がキーンとするのは知覚過敏の疑いが!

知覚過敏

知覚過敏とは、虫歯になっていないのに、冷たい水や甘いものなどを口に含んだ時、歯ブラシでふれた時に感じる痛みをいいます。

知覚過敏の原因

知覚過敏の原因は通常、磨きすぎや歯周病ですが、歯ぎしりやくいしばりが原因の場合もあります。

知覚過敏の治療法

「知覚過敏って、どうやって治すのかしら?」知覚過敏がおこっている原因別に、治療法をご紹介します。

間違ったブラッシングが原因の場合

間違ったブラッシング方法によって歯がすり減ったり、歯ぐきが下がって歯の根っこが出てきてしまい、知覚過敏になった場合には、正しい歯磨きの方法を覚えることが大切です。

正しい歯磨きで歯が削れたり歯ぐきが下がったりするのを防ぎ、歯の再石灰化を促進することによって知覚過敏を改善します。

歯周病が原因の場合

歯周病が原因で歯ぐきが下がってしまい、歯の根っこが出てきてしまうことで知覚過敏になってしまうこともあります。

上記同様正しい歯磨きの方法を覚えることも大切ですが、原因となっている歯周病を根本から治療する必要があります。

歯ぎしりやかみ合わせが原因の場合

歯ぎしりや噛み合わせに問題があることによって、歯が削れたり、ひび割れ(マイクロクラック)が入り、知覚過敏になってしまうこともあります。

歯ぎしりが原因と思われる場合には「マウスピース」を装着したり、噛み合わせが原因と思われる場合には歯を少し削って噛み合わせを調整したりします。

関連記事
■歯周病・歯槽膿漏 ■歯ぎしりをしてしまう
ロゴ

〒169-0072
東京都新宿区大久保2-4-12新宿ラムダックスビル1F

副都心線西早稲田駅徒歩3分

TEL 03-6457-3620

午前10:00〜13:00 / 午後14:00〜19:00
※休診日:水曜・日曜・祝日