歯が欠けた

新宿の痛くない(無痛歯科)歯医者、新宿イーストデンタルオフィスです。虫歯治療、口臭治療からマウスピース矯正まで行っています。

治療:午前10:00〜13:00 / 午後14:00〜19:00 休診日:水曜・日曜・祝日

歯が欠けた


歯の疾患は万病の元

欠けた歯の写真

歯は表層が『エナメル質』といい体の中で最も硬い組織です。
中身は『象牙質(ぞうげしつ)』、中心は『歯髄(しずい)』と言って血管と神経が通っています。

歯が欠けてしまった場合、放っておくと噛み合わせの「相手先の歯」が噛み合わせを合わせようとし、伸びてきてしまうケースがあります。

また、象牙質が現れてしまっている場合は特に象牙質は削れやすく、虫歯になりやすいため口臭の原因になったり、欠けた部分で頬を傷付け口内炎などの原因にもなります。
体に栄養素を取り込む入口は口であり、歯の疾患は万病の元です。

歯が欠けた場合の治療方法

歯科治療用語として「補綴(ほてつ)」という治療方法があります。 一般的には「補綴(ほてつ)をしてください」と歯医者へ行くことはあまりないと思いますが、結果的に補綴(ほてつ)という処置・治療を施すケースが一般的です。

ただし、虫歯を治すのとはまたちょっと違います。
欠けてしまった歯の状態により千差万別ですが、保険適用を前提とした治療であればレジンなどのプラスチック材質を使用し処置をします。

「きれいに見せる」など審美的なご要望もある場合には、「冠(かん)」白いクラウン(冠)をかぶせる処置をします。(もしくは差し歯と言ったほうがわかりやすいかもしれません。)

取り外しができる「入れ歯」、取り外しのできない「入れ歯=ブリッジ」もあります。
インプラントという最新の治療方式もあります。

表にしてみると以下のようになります。

歯の状態考えられる治療法
歯の一部が欠けたときインレー
歯全体にかぶせるクラウン
歯が1本〜数本なくなったときブリッジ、部分入れ歯、インプラント
数本歯が残っているか、全くない場合部分入れ歯、総入れ歯、インプラント
関連記事
■歯ぎしりをしてしまう ■審美的歯科治療
ロゴ

〒169-0072
東京都新宿区大久保2-4-12新宿ラムダックスビル1F

副都心線西早稲田駅徒歩3分

TEL 03-6457-3620

午前10:00〜13:00 / 午後14:00〜19:00
※休診日:水曜・日曜・祝日